妊娠初期血液検査について a02 妊娠初期血液検査について

妊娠初期血液検査について

ご妊娠おめでとうございます。当院ではこれからの母児の健康管理の為に、下記の項目について血液検査などを予定しております。
各検査は、お母さまの健康を守り、元気な赤ちゃんを生むために是非必要な検査です。
もし、検査について同意できない項目があるとお考えのお母さまは、採血時に必ずお申し出下さい。
(検査項目を削除させていただきます)

※1 貧血検査
(白血球分類を含む)
貧血の有無や炎症性疾患、出血傾向がある時の目安となります。  
※2 ABO式RH式血液型 分娩時の大量出血などに備えて不可欠な検査です。  
※3 HBs抗原
(B型肝炎抗原)
お母さまがB型肝炎ウィルスに感染している場合、赤ちゃんに感染することがあります。
予防対策で出生後の感染を防ぐことができます。
※4 梅毒反応 母子保健法で義務づけられた検査です。早期発見で治療を行えば、赤ちゃんへの感染は防ぐことができます。
5 C型肝炎抗体
(HCV)
陽性の場合、C型肝炎に以前に感染したことを意味します。ウィルス量が多ければ、母子感染のリスクが高くなります。
HCV-RNA定量検査と肝機能検査を行います。母乳栄養は可能です。
6 血糖 妊娠前からの糖尿病の発見に役立ちます。100mg/dl以上の際には、妊娠中期に負荷血糖試験を行います。  
7 風疹HI抗体 妊娠初期に感染すると胎児に先天性の異常(先天性風疹症候群)を起こすことがあります。
高度に陽性の場合には、IgM抗体、IgG抗体検査をして感染時期の推定をします。
16倍以下の場合には、分娩後の入院中か産褥1ヶ月目に予防接種をしましょう。
 
8 HIV抗体(AIDS) 胎児に感染することを予防します
9 トキソプラズマ抗体 猫などのペットの体内に寄生する原虫で、妊娠中の初感染で流早産や胎児水頭症の原因になることがあります。
高度に陽性の場合には、IgM抗体、IgG抗体検査をして感染時期の推定をします。
 
10 マイクロゾーム抗体 出産がきっかけで産後に甲状腺の機能が悪くなることがあり、妊娠中からの管理に役立ちます。  
11 HTLV-I抗体
(ATLA)
成人T細胞白血病ウィルスの検査です。このウィルスは母乳を介して、赤ちゃんに感染することがあります。
陽性の場合には、新生児の栄養方法は(1)人工栄養法(2)3ヶ月までの短期の母乳授乳(3)凍結母乳栄養の選択になります。
 
12 サイトメガロウィルス抗体 妊娠中の初感染予防に役立てます。
お母さまには、原因不明の発疹、肝機能異常などの症状が出ます。
子宮内感染は、主として、妊娠中に初めてCMVに感染した人に多く、胎児の発育遅延や胎児水腫、脳室拡大、
出生後には、血小板減少、肝臓や脾臓の腫大、小脳症、難聴、視力障害、精神発育遅延などを起こすことがあります。
 

※印1~4までの検査費用は、母子健康手帳添付の妊婦一般健康診査票をご利用になれば、無料となります。
手帳は現住所の保健福祉センターでお受け取りください。

妊娠初期検査費用は、健康票をご利用の際は、9800円です。

★印の検査を受けられない場合は、感染症扱いとなります。検査結果は、ご本人のみに報告し、秘密は厳守いたします。

妊娠糖尿病のスクリーニング

以下危険因子がある場合には、75g経口糖負荷試験(750GTT)を行います。

  • 食後2~4時間の静脈血漿ブドウ糖値が100mg/dl以上、随時血糖値が100mg/dl以上
  • 尿糖陽性
  • 糖尿病の家族歴
  • 肥満
  • 巨大児の分娩歴
  • 羊水過多
  • 高年妊娠
  • 原因不明の習慣性流産、死産歴
  • 妊娠高血圧症候群の既往歴