硬膜外麻酔分娩(和痛〜無痛分娩)について

硬膜外麻酔分娩の目的

目的は、『痛みを全くなくすこと』ではなく、『少しは痛みを感じるけれど十分コントロールできる程度まで鎮痛すること』と『筋肉を弛緩させることで分娩をスムーズにすること』です。

  • 私達の大切な役目
    分娩には痛みと苦しみがつきものですが、痛みや苦しみがなければ、母性が芽生えず、お母さまになれないのでしょうか? 
    いえ、決してそんなことはありません。西川医院では、元気な赤ちゃんを産んでいただくだけでなく、お母様方の痛みや苦しみを和らげることも私たちの大切な役目と考えています。
  • 痛みの感受性はさまざま
    ただ、完全な無痛を望めば、より高濃度の局所麻酔薬を使用しなければなりませんし、広範囲の麻酔効果を得ることだけを考えれば分娩時間の遷延や帝王切開率増加が懸念されます。また、痛みの感受性については個人差があり完全な無痛が得られる産婦さんもあれば、若干の痛みを覚える産婦さんもおられます。
  • 痛みや苦しみを減らす方法
    そこで、私達は、完全に無痛にするのではなく、分娩・出産に伴う痛みや苦しみを減らす方法として、硬膜外麻酔分娩を行っています。さらに近年は、お母さまの陣痛の痛みの強さと分娩の進行にあわせて、母性の熟成に重きを置くソフロロジー分娩法(薬物によらない鎮痛法)と、硬膜外麻酔分娩法(薬物よる鎮痛法)を柔軟に組み合わせて、スムーズな分娩となるようにサポートするのがよいと考えられています。
  • よりよい分娩を求めて
    たしかに、分娩現象は非常に良くできた自然現象ですが、『時間がかかる』『疼痛がある』『胎児仮死が起こる』『遷延分娩が起こり得る』など、医学的には不適切な部分もあります。私たちは、この部分ができるだけ少なくなるように、よりよい自然現象(分娩)に向かって努力をしようと考えています。

よりよいお産を創ろう

安全でよりよいお産にするため、当院ではこんなことを行っています。

正確に陣痛を計測する ⇒陣痛の子宮内圧計測
安全な分娩に徹する ⇒胎児のモニタリング
母性の確立 ⇒ソフロロジー法
理想的な陣痛 ⇒必要に応じて
 少量の陣痛促進剤使用
痛みの軽減 ⇒硬膜外麻酔法を利用する

分娩・出産の鎮痛法に求められるもの

1 母体にとって安全なもの
2 胎児や新生児に悪影響を及ぼさないもの
3 分娩経過に及ぼす作用は最小限に、もしくは、よりスムーズになるように
4 鎮痛法として、効果的なもの

残念ながら今のところ、この全てを完璧に満たす方法はありませんが、その中でも、鎮痛効果が優れて、母体の意識を保ち誤嚥の危険性がほとんどなく、児への影響がきわめて少ないことを考えると、 硬膜外麻酔法による鎮痛法がベストチョイスとなります。


硬膜外麻酔分娩の目的硬膜外麻酔分娩の利点硬膜外麻酔分娩の詳細確認事項

ページトップへ